【市販で本格的な味!】人気サルサソースのおすすめランキング10選

    メキシコやアメリカ南西部の料理によく使われるサルサソース。トマト特有の酸味と唐辛子のピリッとした刺激が特徴です。意外と種類が豊富でどれがおすすめなのかわからない!という方のために、今回は人気商品をランキング形式で10個ご紹介します!

    実は超万能なサルサソース

    まだまだ日本では1家庭に1個!とまではいかない刺激的なイメージのあるサルサソースですが、その使い道は無限大と言えるほど、実は万能なソースなんですよ。

    例えばパスタなどの麺類や、タコライスをはじめとする米類、ポテトチップスやクラッカーなどにのせておつまみにも。しかも日本人向けに作られたものを選べば、辛味が苦手な方やお子様も召し上がることができるので、いつもの食卓に新しいアイディアを増やしてくれるはずです。

    今回は、そんなサルサソースのおすすめ人気ランキングをご紹介していきます。リアルな口コミや販売店舗もわかる限りですが合わせてご紹介しています。ぜひご家庭にぴったりの味を見つけてみてはいかがでしょうか。

    サルサソースの選び方

    定番サルサとその他豊富なソースを知っておこう

    市販されているのは主にこれからご紹介する定番のもの。しかしサルサソースは知れば知るほど様々な種類があり、その見た目もカラフルで見ているだけで楽しくなってしまうほどです。

    サルサ・ロハ

    まず、定番中の定番なのがトマトを主原料とした「サルサ・ロハ」。直訳すると「赤いソース」という意味です。「トマト・サルサ」とも呼ばれます。

     

    トマト・玉ねぎ・にんにく・コリアンダー(タイ語でパクチーのこと)などを細かく刻んだものが入っているのが一般的。日本人がイメージするサルサソースはこちらがほとんどでしょう。

     

    真っ赤なトマトの酸味や玉ねぎ、にんにくの旨味は日本人にも親しみがあり、夏場の食欲も増進させてくれそうです。一度トマトサルサの味を知ってしまえばきっと虜になってしまう人も多いはずです。

    サルサ・ベルデ

    その次に、メキシコ料理では「サルサ・ロハ」と同じぐらい定番の「サルサ・ベルデ」。こちらは緑色をしているのが特徴です。

     

    トマティーヨというトマトに似たほおずき状の実とメキシコを代表する緑色をした唐辛子・ハラペーニョを主原料とした、特に辛味が際立つソースです。

     

    ピザはもちろん、シンプルな味付けのステーキ、サーモンなどの魚や野菜のグリルなどに添えると一気に味わいが豊かになります。

    その他の種類

    「サルサ・クルダ」は「生のソース」という意味。その名の通り、生のトマトに玉ねぎ・にんにく・コリアンダーなどを細かく刻んで入れたソースのことです。

     

    「ピコ・デ・ガヨ」生のトマト・玉ねぎ・にんにく・コリアンダーなどをダイスカットし、塩こしょうやレモンジュースを加えた素材の美味しさとフレッシュさが際立つサルサ。

     

    トマト・サルサにアボカドを潰して入れた「グァカモレ(ワカモレ)」ジャガイモ料理にかけて食べる赤いソース「サルサ・グルダ」カカオや砂糖が加えられた茶色のソース「モーレ」など、色や味も様々で料理によって使い分けられているんですね。

    辛さのレベルをチェック

    外国産(アメリカが多い)のものには基本的に「マイルド」「ミディアム」「ホット」「スパイシー」など3〜4段階ほどあり、購入する前に自分の味覚に合いそうなものをチェックしておきましょう。

     

    国産のものは「ピリ辛」などと表記があっても、外国産のものに比べると辛さがマイルドなものがほとんどです。刺激があまり得意でない方は「マイルド」や国産のサルサソースを選ぶと安心でしょう。

     

    辛さの好みは人それぞれです。大人数で食卓を囲む際は何種類か用意しておけば見た目もよく、それぞれに合ったサルサソースを見つけることができますね。市販のものに自分で野菜やスパイスをお好みで加えるのもおすすめです。

     

    酸味とのバランスもチェック

    トマトの酸味と辛さのバランスも人それぞれ好みがありますね。トマトの濃さが際立つことにより酸味が強いものや、刺激的で辛さの主張が強いものなど、こちらも商品によって個性がありますので、購入前に確認しておきたいポイントです。

     

    また、サルサソースはトマトの水分や油などの含有量によりテクスチャーがサラッとしたものや、ドロッととろみのあるものなど様々です。

     

    主にチップスにディップしたいからドロッとしていた方がいいという方や、調味料代わりに料理にプラスしたいのでサラッとしていた方がいいという方など用途も様々な分、好みも分かれるでしょう。この辺りも事前に口コミなどでチェックしておきたいところです。

     

    原材料も見ておきたい

    添加物に関しては、美意識の高い女性やお子様のいるご家庭なら特に気になるのではないでしょうか。サルサソースのほとんどは、ガラス瓶の密閉容器に入っていますが、開封すると同時に傷みやすくなります。そのため化学調味料などを含むものも少なくありません。

     

    遺伝子組み換えの植物油が含まれている場合や、酸味料や増粘剤、アミノ酸などの化学添加物が含まれているものもあります。また、野菜本来の色と思っていると着色料が含まれていたり、香料が使われていることも。気にされる方は無添加のものを選ぶといいですね。

     

    添加物不使用やオーガニックにこだわったサルサソースもこれからご紹介していくので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

    長期保存には不向き!内容量もしっかりチェック

    ネットでしか手に入らないものも多いので大事に使いたいところですが、長期保存は難しいでしょう。したがって内容量も事前に把握しておく必要があります。

    内容量も様々

    外国産・国産のもの問わず、内容量にかなり差があることも。少ないものではパックになったものだと約100g〜、多いものでは約1,000g以上入っているものもあります。

     

    ネット通販などで本体を見ないで購入すると、内容量のチェックをうっかり忘れてしまい届いてから「こんなに大きかったのか!」と驚いたという声も口コミで見かけます。

     

    早い段階で余ってしまった場合は、いつもの料理にプラスしたりスープなどの汁物に入れてみたりしてもいいですね。サルサソースの使い道はたくさんあるので、自分で味を調節しながら上手く活用して消費しましょう。

    長くとも2週間で使い切るべき

    保存料が含まれているかいないかで前後しますが、無添加のものは特に開封後冷蔵庫に保存していても約1週間で消費することをおすすめします。

     

    長い間残しすぎると気づいたらカビが生えていた!なんてことにもなり兼ねません。開けてみて白いプツプツなどが見られる場合は細菌が繁殖している可能性があるので要注意。決して口にしないようにしましょう。

     

    また、瓶の中身に直接触れるスプーンなども清潔なものを使用するように心がけましょう。中身の素材が新鮮なうちに食べ切りたいですね。

     

    サルサソースの人気ランキング10選

    第10位

    カサフィエスタ

    カサフィエスタ グァカモレ ディップ

    価格:691円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    おうちで手軽にアボカドサルサディップができる

    アボカド好きな方にぜひ手に取ってもらいたいのがこのグァカモレディップ。チップスやクラッカーはもちろん、野菜にディップしてヘルシーおつまみにしてみたり、サンドイッチの具に使ったり、マヨネーズやレモン汁を混ぜても美味しいとの口コミも多数ありました。

     

    酸味と辛さはわずかで、どちらかというとまろやか、クリーミーな味わいといえるでしょう。

     

    ただし、アボカドは通常特に傷みやすい食品のため、保存料や着色料などが含まれているのでその点はチェックしておきましょう。手作りは面倒だし、グァカモレをとにかく手軽に楽しんでみたい!という方にはおすすめです。

    内容量326gカロリー31g当たり40kcal
    販売店舗ネット通販等辛さレベルミディアム
    原材料濃縮トマト、植物油、コーンシロップ、ホエイ蛋白濃縮物等
    第9位

    オールドエルパソ

    オールドエルパソ チャンキートマトサルサディップ マイルド

    価格:998円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    万人ウケするマイルドな味

    メキシカンフードのトップブランド、オールド・エルパソのサルサソースです。100年近い歴史を持つブランドで、味と品質にも安心できますね。

     

    トマト、玉ねぎ、ピーマンなどの野菜をベースにしたマイルドな辛さが万人ウケする味となっていますが、本格メキシカンの味はそのままに楽しむことができます。

     

    辛いのが苦手な方やお子様も召し上がることができるでしょう。口コミでは「トマトの食感がいい」との声もありました。同種類の辛さ「ミディアム」も人気なので、刺激が欲しい方はミディアムがおすすめです。

     

     

    内容量300gカロリー100g当たり37kcal
    販売店舗ネット通販等辛さレベルマイルド
    原材料トマト、ピーマン、玉ねぎ、食酢、食塩、砂糖、増粘剤(加工デンプン)等
    第8位

    カサフィエスタ

    カサフィエスタ サルサ コン ケソ チーズディップ

    価格:568円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    クリーミーなチーズの味わいが楽しめる

    バターミルクやチェダーチーズを主原料とし、トマト・サルサの原料もふんだんに使った、市販ではまだ少ないチーズディップがランクイン。

     

    クリーミーな味わいだけでなく、トマトの酸味も感じられ、口コミでは「マスタードの味にも近い」という声も。あまり「チーズソース」というイメージだけで食べると酸味を強く感じるかもしれません。

     

    あくまでもサルサソースの一種ということで、映画館にあるナチョスをおうちで簡単に再現できるとの好評価もありました。一度は試してみたい味です。

    内容量326gカロリー31g当たり35kcal
    販売店舗ネット通販等辛さレベルマイルド
    原材料バターミルク、大豆油、チェダーチーズ、異性化液糖等
    第7位

    メキシチョイス

    メキシチョイス サルサソースホット

    価格:387円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    まずは基本の味!サルサソース初心者におすすめ

    酸味と辛さのバランスが取れた、基本の味とも言えるサルサソースのひとつでしょう。「ホット」という表記ですが、とにかく辛さを求める方向けと言うよりは、まずはサルサソースを料理にプラスしたりおつまみのディップ用として試してみたいという方におすすめ。

     

    「スナックやフライ系に相性抜群!」との口コミも。同種類の辛さを控えめにした黄色のパッケージの「マイルド」はより食べやすくこちらも人気です。

     

    ファミリーで食べればすぐになくなりそうですが、添加物が少ないので開封後は1週間以内には食べ切るようにしましょう。価格も1個当たり387円とリーズナブルです。

     

     

    内容量340g×3個カロリー100g当たり29kcal
    販売店舗カルディコーヒーファーム、ネット通販等辛さレベルホット
    原材料トマト、トマトジュースづけ、ハラペーニョ、玉ねぎ、コリアンダー、醸造酢等
    第6位

    ブレアーズ

    ブレアーズ サルサデスソース

    価格:628円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ただ辛いだけじゃない!新鮮な原材料を使用

    ガイコツのチャームとプリント、パンチのある色使いのパッケージが目印!激辛マニアには有名な「デスソース」シリーズのひとつです。

     

    ビジュアルからもわかる、いかにも辛そうなサルサソース。しかし、中身は高品質で新鮮な原材料を使用しているので、素材の旨みもしっかりと感じられます。

     

    辛さは一般的なホットソースの約6倍と言われており、激辛マニアには物足りないといった声も多数。少量でサルサの風味とピリッとした刺激が欲しい方におすすめです。まずはミートソースのパスタなどにひと振りしてみてはいかがしょうか?

    内容量150mlカロリー5ml当たり0kcal
    販売店舗カルディコーヒーファーム、大手スーパー、ドン・キホーテ、ネット通販等辛さレベル一般的なホットソースの約6倍
    原材料赤・オレンジハバネロペッパー、カイエンペッパー、食酢、コリアンダー等
    第5位

    カゴメ

    カゴメ サルサ(ピリ辛)チューブ

    価格:703円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    日本人向けのピリ辛味とチューブタイプが便利

    有名な「KAGOME」から発売されているサルサソース。瓶ではなく珍しいチューブタイプで使いやすいですね。925gと大容量なので「惜しみなく使えるのがいい」「美味しいので一人暮らしでもすぐ使い切ってしまった!」との口コミも。

     

    国産なだけあって、日本人向けに作られているので辛さは「ピリ辛」でお子様も召し上がれそうです。心配な方はマヨネーズなどを加えてよりマイルドにするのもおすすめです。

     

    海外のメーカーのサルサに比べるとマイルドな辛さですが、トマトの酸味とのバランスはいいでしょう。念のため、開封後は2週間で使い切りましょう。

    内容量925gカロリー100g当たり50kcal
    販売店舗ネット通販等辛さレベルピリ辛
    原材料トマト、ピーマン、玉ねぎ、砂糖、醸造酢、ハラペーニョ等
    第4位

    ペース

    ペース ピカンテソース ミディアム

    価格:1200円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    これぞアメリカの味!サルサソースの決定版

    太陽の光をいっぱい浴びたフレッシュなトマトやハラペーニョペッパー、玉ねぎ、にんにくをふんだんに使用した本格サルサソース。ハラペーニョの食感もしっかり感じられ、添加物を一切使用していないのも魅力ですね。

     

    ”アメリカン・クラシック”な味を楽しめるこのサルサソースは、特にグリルチキンやハンバーグなどの肉料理にも相性抜群!チーズを使ったオムライスなどの卵料理などにかければ、お子様でも楽しめるでしょう。

     

    口コミでは「ピカンテソース以外でのピザトーストは食べられないな」「濃度も濃くて辛さ以外の味もしっかり付いていて美味しい」との高評価も多数。アメリカのメーカーらしい大容量もさすがです。様々なレシピに活用して、期限内に使い切りましょう。

     

     

    内容量1080g×2本カロリー-
    販売店舗コストコ、ネット通販等辛さレベルミディアム
    原材料トマト、ハラペーニョペッパー、オニオン、醸造酢等
    第3位

    ケパサ

    ケパサ オーガニックサルサ ミディアム

    価格:735円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    有機野菜を使用したレアなサルサソース

    農薬や化学肥料を使用していない、新鮮なオーガニック(有機)野菜をふんだんに使用したサルサソースです。市販のサルサソースでここまで新鮮な素材にこだわりのあるものは少ないでしょう。

     

    香り高い辛味がほどよく効いており、トマトの風味も濃くしっかりしていると高評価です。同メーカーから発売されているトルティーヤチップスも味が豊富で人気なので、合わせて召し上がるのもおすすめです。瓶のデザインもおしゃれで、食卓に彩りを加えてくれますね。

    内容量545gカロリー-
    販売店舗ネット通販等辛さレベルミディアム
    原材料有機トマト、有機トマトピューレ、有機玉ねぎ、有機ハラペーニョ塩漬け等
    第2位

    カゴメ

    カゴメ サルサ

    価格:286円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    国産でしかもローカロリー&ノンオイル

    日本人に馴染みのある「KAGOME」から発売されているサルサソース。ローカロリー&ノンオイルなのが魅力ですね。

     

    爽やかな酸味で、辛さはかなり控えめなので、物足りないという方はお好みでチリパウダーなどの香辛料を追加して自分で調整するというの口コミも多数ありました。

     

    野菜の食感もしっかり楽しめますが、ほかのサルサソースより少しサラッとしているのであまりくどいのは苦手だけどサルサを試してみたい!という方にもおすすめ。ピザ用ソースとしても相性が良いですね。クセがない分、様々な料理に活用できそうです。

    内容量240gカロリー100g当たり28kcal
    販売店舗大手スーパー、ネット通販等辛さレベルひかえめ
    原材料トマト、ピーマン、玉ねぎ、ハラペーニョ塩漬、りんご酢、でん粉等
    第1位

    ハインツ

    ハインツ チャンキーサルサ

    価格:510円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    口コミでも大好評!本格派サルサソース

    アメリカ南部サン・アントニオのとある一家に伝わる秘伝のレシピをもとに作られたサルサソース。ケチャップでおなじみの「HEINZ」から発売されているだけあって、トマトの濃厚さが特徴です。

     

    水っぽさがなく、トマトや玉ねぎなどの野菜の食感をしっかりと残しているところも人気の秘密。香辛料は使わず、新鮮なハラペーニョを使っていて辛さも本格的になっています。辛さはミディアムということですが、お子様には刺激が強くなってしまうでしょう。

     

    無添加で砂糖不使用なところも安心できるポイントですね。内容量が450gと多めですが、クセになることは間違いなし、すぐになくなってしまいそうです。

    内容量450gカロリー100g当たり38kcal
    販売店舗ネット通販等辛さレベルミディアム
    原材料トマト、ハラペーニョ、トマトペースト、玉ねぎ、醸造酢、乾燥玉ねぎ等

    まとめ

    ここまでサルサソースの人気ランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。外国産や国産のものによって、辛さの程度や内容量も本当に様々で迷ってしまいますよね。少しでも参考にしていただき、自分や家族のお好みにぴったりのサルサソースが見つかるといいですね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ